Garden

ラクにいきたい

就職活動と夏の思い出

蝉の鳴き声が聞こえる時期になりましたね。

連日蒸し暑く、スーツを着ている人を見かけると大変そうだなぁと思いつつ、

ふと、私の新卒就活のことを思い出したのでその時のことを綴ってみます。


もし、この記事を読んだあなたが内定を貰っていなくて焦っているのなら

とりあえず立ち止まってください。


かく言う私、初内定を頂いたのが秋ですから。

真夏の暑さとボロボロなメンタルを案じた両親が、夏用のスーツをイオンで購入してくれたのですが

それはそれで申し訳なくて泣いた覚えがあります。


就職活動が始まった頃、とにかくたくさんエントリーしました。

数打ちゃ当たる戦法です。

物の見事に全滅でした。


説明会に参加しようとしても、どこも満席(隣にいた同期の男の子の画面上だと予約できるのに)

面接受けてもお祈りメールすらなくてヤキモキ


もう地獄でした。


ふと周りを見れば内定を貰ってない人はほぼいないし、むしろ私だけ。

焦る。

エントリーしまくる、また落ちる。

まさにエンドレスエイト


あまりに酷かったので、心身共に疲弊し、少し就職活動をお休みしました。


今までの敗因についてゆっくり考えることにしたのです。


当時から(今もですが)何をしたいか、どうなりたいのか、という核がなかった

何でもやります精神(大事ですけど)で主体性がない

自分のことをわかっていない


などなど

よくよく考えるとそりゃ面接にも落ちるなぁと今でも思います。


正直、お金さえ稼げればよいという考えなのですが、

お金さえ稼げればよい、けれどなぜその企業で働きたいのか。

ここを考えていなかった。


そこからは就職活動の悩みや面接対策をするような新卒向けのサービスやワークショップに行ってみて、自分を見つめ直しつつ、今までの面接で聞かれたことリストを作り、自分の言葉で回答文を作る。

そんな作業をしていたところ、ようやく最終面接とやらに行けるようになり、めでたく秋に内定を頂きました。


暑い夏。

体調も崩しがちな上に、社会からお断りされ、虚しさと絶望感でメンタルもやられている中、周りの内定を聞き、自己嫌悪。


少し就職活動を休んで、心身が少し元気になるよう、整えつつ

戦略を切り替えるのも手かも知れません。


使えるものは親でも使え。

そんな言葉もあります。

御両親に仕事のことを聞いてみるのも良いと思います。

なんせ、人生の先輩かつ社会人の先輩ですから。

(就職活動のやり方より、仕事内容とか取り組み方とか、やり甲斐とかあくまで仕事について聞きましょう)


就職活動が上手くいかなかったってあなたがダメなわけでない。

ご縁がなかっただけ。

日本の制度が悪いけれど、新卒を逃すと終わり、みたいな仕組みになってますが、

仕事なんて、いくらでもあります。


就職活動が失敗したって、人生が失敗ではない。

自分にとっての人生の成功が就職することですか?


ラクにいきましょう。

熱中症には気をつけて、少しの休憩を。

よいご縁がありますように。

幸福論

幸福とは人によって違う。


美味しいスイーツをたくさん食べていれば幸せ。

好きなアーティストの曲を聴いたり、口ずさんだり、ライブに行くと幸せ。

仕事で成功すると幸せ。

人から愛されると幸せ。

人を愛すると幸せ。


幸せの感じ方も人によっては違う。


その瞬間の幸福度という意味では、沢山あるような気がするけれど、私は未だに自分の人生における幸福というものが見つかっていない。

毎日毎日スイーツ食べるわけにも行かないし(太るしお金が無いもの!!)、一瞬の幸福を持続させる、というのもまた違う気がする。


ただ、人生における幸福とは、自分はこのように生きると幸せだ、という核のようなものが必要なのかもしれない。

私はアラサー女ですし、自分を見つめ直すのも、核を探すのも、きっと人よりも遅いと思う。遅すぎる。

けれど、もうアラサー。されどアラサー。

何よりも、何かを始めるに遅すぎるということはない。


そう信じて、一瞬一瞬の幸せを噛み締め、まずは、それに感謝する心の余裕を持てるように。



あなたの幸福はなんですか?

今、幸せですか?



悩みは幾つになっても尽きません。

見た目は大事だけど

綺麗になりたい

可愛くなりたい


女性(中には男性も)そう思う人が多いと思うし、私もその1人。


なぜ可愛くなりたい、綺麗になりたいと思うのか。


私は所謂、美容垢と呼ばれるアカウントをコソコソ見てるのですが、彼女達は自分のためだったり、好きな人のためだったり、あるいは見返してやりたい人がいたり。

中には振り切った人もいて、デブスは醜悪で見ていて不愉快だし、美人だと得する、男性にチヤホヤされたい、などなど。


理由は様々ですが、美への追求が凄まじい美容垢はタメになる反面、私のような生半可な人間には厳しい世界のようです。


私も美しくなりたいのですが、

ではなぜ?と聞かれると返答に困ります。


とにかく、自分の容姿が嫌いで、何かと容姿について家族や学生時代言われてきたからかもしれません。


ただ、どこをどうすれば美しくなれるかわからない。

ひたすらメイクを練習してみたり、似合う色を探したり、スキンケアを見直したり・・・

いまいちピンと来ない。


外見だけじゃないよ

人は見た目が9割


いろんな意見がありますが、見た目の美しさ(あるいは奇抜さ)で相手を決めつける行為は美しくない。


派手な格好をしているから、怖いと感じる。

これは人の感じ方の問題なのでそれはそれでいいと思う。


派手な格好をしているから、性格もキツそう。

これは決めつけという名の偏見。


区別と差別偏見は違う。


美しさの定義も人それぞれですが、少なくとも差別偏見をしない心を持ちたい。


それが心の美しさに繋がると信じて。


アラサー女の悩み


結婚、出産、育児が女性の幸せなのか

育児のためにキャリアや趣味を犠牲にしなければならないのか

どちらもあきらめない人生を送ることができるのか


アラサー女あるあるかと思います。

女性が出産する性であり、さらに妊娠適齢期という時計の音を聞きながら、選択をしなければならない。


かくいう私は、仕事を始めた頃は成果を出したい!という気持ちと頑張って知識や技術を身に付けて、世の中に還元したい、なんて意識高めなのことを考えてました。


24歳、入社したてで覚えること、環境になれることに苦労するので仕事中心。

27歳、2年目3年目とキャリア(という名の修行)を積み、少しずつ仕事を覚えて自分から進んで仕事をし、楽しくなる。


この辺りで結婚ラッシュ(とくに男性)の始まり。


同期の女子たちは、結婚出産願望が高く(さらにはキャリアもあり出世できる)、少し遅れて結婚出産しました。この2人の今後、仕事と家庭をどのような選択をするのか、同じ女性として気になるところです。



さて、問題は選択できない女性。

どちらも結婚願望はないが子供は欲しいとは思う。でも仕事はしたいという同期Aは、彼側からそういった話もなく、かと言って自分からも積極的に結婚!というのもないので、ゆるゆるとお付き合いをしている様子でした。


ちなみに、私も彼女と似たような状態でしたので、給与のこと、今後のキャリア(特殊な会社なので、私の思う仕事はできないし、給与も上がらない)を考えると、結婚するなら私が仕事を辞めなければなりませんでした。


それでも、仕事を諦めたくなかった。

思うようにならないかもしれないキャリアもどうにかできるかも、どうにかしていきたい、そんなことを思うと結婚なんてしてられない!!!なんて思っていました。

それ以外にも色々あり、学生時代はこの人と結婚することを夢見ていましたが、結婚の話も出ていましたが、お互いのタイミングが合わず、お友達に戻りました。



周囲からは結婚!出産!を迫られるアラサー女の生き方は本当に難しい。

高齢出産が増えていますが、身体のことや子供のことを考えると早いに越したことはないと思います。


昔に比べると20代から40代にかけての人生における選択肢が多いというのは幸か不幸か分かりませんが、少なくとも何が自分にとっての幸せなのか、それが分かっている人は決断も早く、その幸せに向けて舵を切ることができる。


どうしよーどうしよーと言っていた私と同期A。

気が付けばよいお年頃です。


決断することは何かを捨てるような気もして、怖くて、1歩が踏み出せない。


幸せとは何か。

若い頃に、自分はどうなりたいのか、自分にとっての幸せとは何か、しっかり見極めておくべきだったな、という反省と少しの後悔の中、未だに私にとっての幸福を探しています。

友達

友達ってなに?

友達ってどうなったら友達なの?

友達ってどう作るの?


アラサーになっても、未だにこんな事で悩んでいるアリシヤです。


コミュ障だからー

人見知りだからー


そんな理由を言い訳にしたくないのですが、人よりもそういった類の能力が弱いです。強くしたい!


初めての人と話すの平気!って人もいるでしょうが、恥ずかしい、苦手って人も世の中には一定数いると思います。


緊張するでしょ。未知の領域って。

(ドキドキする!って人もいるでしょうが)


なので、私はちょっと人と話すのが苦手、と軽く思うようにしています。

深刻に悩むだすときりがないので。


そんな私の交友関係について。

はっきり言って少ないです。

仲良くなったと思っても、疎遠になることが多いです。


例えば。

ネット関係で知り合った子ですごく仲良く遊んだり話をしたりしてたのですが、ある頃から距離を置かれ、今では疎遠になった子がいます。

最近、Twitterでその人と思しき方に誤フォロー、そののちフォロー解除されたので、気にしてくれてるのか、はたまたヲチ物件扱いなのか。


ただ、好きなアーティストが被っているので、キャパが少し大きいところでも何故か出会う。

向こうは気付いてるのかわかりませんが、毎度見かけます。

ある意味では縁が深いのでしょうか。


私としては、仲良くしたいので声をかけたいのですが、距離を置かれているような、嫌われてしまったような気もしているので、自分からは話に行けず。

腹割って話せば済む話なんですけどね。


怖いような、申し訳ないような。

嫌な思いをさせたのなら謝りたい。

何事も相手を変えるのは出来ないし、変えることが出来るのは自分なので、私から声をかけないと解決しないのでしょう。


なかなか、人の機微を察するのは難しい。


自分が原因のこともありますが疎遠になった人が多くて、たまに泣きながら後悔します。

ゴメンが届かないって寂しいね。



今、仲良くしてくれる人。そして、家族を大切にしようと改めて感じました。

そして、ありがとう。

これからも、よろしくお願いします。





Garden

こんにちは。アリシヤです。

毎度、HNが読みづらくて読み間違えされます。読みづらいHNですが使い続けて・・・何年かは忘れました。

HNの由来とかは、気が向いたらお話します。


Twitterは文字数制限がある故の呟きとして楽しく(ときにSNSの辛さに発狂し)利用してますが、

たまに長い文章を綴りたくなる衝動があり、久しぶりにブログでも書いてみようかなという気軽な理由で始めてみました。


ゴシックファッションや、音楽のこと、食べ物など好きなことを中心に、

アラサー女になった今感じること、こじらせ系女子からの脱却に向けてこれまでを振りかえってみたり、アラサー目線での美容について、つらつら記録という名の自分語りを披露していきますので、知り合いの方もそうでない方も暇つぶしにどうぞ。


誰かのためになりたい、なんて大きなことは言いません。

果てしないネットの海にたまたま浮かんでいた私の記事を読んだ方に何かを残せたらいいな、と思います。

受け取り方は人それぞれ、どう感じるかはあなた次第です。


それでは、どうぞよろしくお願いいたします。